東亜建設工業

RECRUITING SITE

2023卒
INTERNSHIP
ENTRY

2023卒
MY PAGE

当たり前を
守り続けていく
仕事がある。
事務職(総務)
門田 輝

Profile

2014年入社 経済学部経営システム学科卒
形に残る仕事に関わりたいと考え、建設業界に絞り就職活動を行った。その中でも、取り分け港湾土木分野で国内トップクラスの施工実積があり、他社に負けない技術力を持っていることに魅力に感じ、東亜建設工業を志望した。また、学生時代のアルバイト経験から、働く上で人間関係の良さは特に重視していた。

すべての
職種を
支える仕事。

総務と営業管理、二足のわらじで中国支店を支える。それが、現在私が担っている仕事です。
ゼネコンはものづくりの会社ですが、技術系の人間だけでは成り立ちません。会社組織として運営していくには、総務・庶務・経理・財務・労務・法務・営業とさまざまな機能が必要となります。総務の仕事は多岐にわたる為、ひと言で表すのが難しいですが、言うなれば、会社の潤滑油のような存在です。さまざまな人やものの間に立ち、スムーズに業務が進むように調整・手配・判断するのが役割です。
私は総務として、現場事務所の立ち上げ、社員の住居の手配、社内行事の準備・運営など幅広い業務を担当しています。例えば、現場事務所や社員の住居手配のときは賃貸借契約が必要不可欠ですし、協力会社への支払い業務には経理や財務の知識が求められます。このように技術以外のすべてにおいての専門的な知識を身に着け、ゼネラリストとして会社全体を支えていくのです。
あって当たり前ですが、なくては困るもの。すべての職種を支え、会社全体としてより良い成果を出すために最適な道を選択する。それが総務の仕事です。

その想いと努力を
無駄にはできない。

一方で営業管理は、営業をサポートすることが主な仕事です。官庁工事における、申請書類の作成・確認、入札といった業務を担当しています。各地方自治体で書類や申請方法は異なりますし、国の工事であっても整備局によって仕様が異なることもあります。また、入札は、金額や会社の実積などを加味する加点方式。すべてが電子入札となっており、その金額の入力作業を担当しているのですが、これは少しのミスも許されません。営業、技術、土木部門で協議の上、金額が決定され、その金額に伴う材料費などを細かく算出した書類をつくります。この書類は、様々な調査を行った上でつくりあげるもの。入札の際にミスがあれば、その努力がすべて台無しになってしまうのです。みなさんの仕事を無駄にしないためにも、常に緊張感を持って取り組むことを意識しています。
もちろん、ミスを出さないためには、関係者の方々と日頃からコミュニケーションを取っていくことが大切です。休憩中であっても何気ない会話を意識していて、それが仕事のやりやすさや、信頼関係構築にもつながっているのだと思います。

誰からも
信頼される
人へ。

仕事で大きなモチベーションとなるのは、人から信頼され、頼りにされること。言い換えれば、代わりのきかない人材だと認められることです。より多くの経験を積んでいき、「門田君じゃなきゃダメなんだ!」と言われるようになることが目標です。
そして、最終的には自分が営業として、仕事を獲得し、会社を大きくできる人材になりたいと思っています。そのための次のステップは、現場事務を経験すること。現場を知らなければ営業はできないと思いますし、ものづくりの現場で仕事の意味や意義を感じることが、営業としての心構えになると考えています。挑戦したいことはたくさんあるので、一歩一歩ステップアップしていきたいですね。
東亜建設工業の社風として感じるのは、社員の考えを尊重し、チャレンジできる環境が整っているということ。しかしながらそれは、決して「甘い」ということではありません。自発的に動くことをしなければ、当然チャンスは回ってこない。だからこそ、広い視野を持って様々な分野にチャレンジし、訪れたチャンスをしっかり掴めるようにしていきたいと考えています。

1 DAY SCHEDULE の一例

8:30
出社、メールチェック
9:00
新規で案件が出件されていないか国、各自治体のHPをチェック、支店内庶務
12:00
昼食
13:00
社内での事務手続き対応、支店内、現場からの問い合わせ対応
18:00
退社

私の自慢の写真

お世話になった先輩との一枚です。現在は違う支店ですが、今でもよく連絡を取り合って、飲みにつれて行ってもらったり、相談に乗ってもらったりしています。すごく頼りになるけど、壁を感じさせず気軽に相談できる先輩で、いつかこんな先輩になって、後輩の面倒を見てやりたいなって思います。

こだわりの仕事道具

午前中の仕事を終え、毎日楽しみにしているのがお昼御飯。今回紹介するのは仕事道具ではありませんが、私の仕事の活力である『愛妻弁当』。家族の支えがあってこそ、仕事にも集中できるものだと感じています。今日も美味しいお弁当を食べて、午後からの業務を頑張ります!

Future to draw
私の描く未来

代わりのきかない人材になる。

もっと東亜建設工業を知りたい方へ