東亜建設工業

RECRUITING SITE

2023卒
INTERNSHIP
ENTRY

2023卒
MY PAGE

コミュニケーションが、
現場を進める
力になる。
建築職(施工管理)
甲島 和孝

Profile

2017年入社 工学部 建築学科
もともと理系が好きだったこと、身近にある「建物」に興味をもっていたことから、大学で建築を学ぶ。研究室は構造力学。雨や地震、雪などの自然外力についてを学びつつ、就職活動を始め、縁あって東亜建設工業に入社。建築分野の施工管理として経験を積んでいる。

長い時間を
かけて
ゆっくりカタチに。

大学で建築を専攻していたこともあり、その分野で就職したいと考えながら、会社選びをしていました。たまたま見つけた東亜建設工業という会社。土木の会社じゃないの?と最初は思いましたが、調べるとマンションや大型施設、倉庫も手がけているのを知り、多種多様な施工をやっているこの会社なら、色々な現場をみながら、経験が積めるのではないかと思い応募しました。その後、順調に選考も進み、内定も一番早く出してくれたことに縁も感じ入社に至りました。
現在は、東京都内の高齢者向けの施設の現場で、施工管理として内装工事を主に担当しています。所長含め8名のメンバーで品質・安全・工程・原価の管理を行いながら、スケジュールに沿って竣工まで業務を行っています。建物は今日明日すぐに形になるものではありません。長い時間をかけてゆっくり形にしていくもの。作業を共に進める職人の皆さんの安全を確保しながら、計画した工程で滞りなく作業が進んでいく時に、やりがいを感じます。

聞く、話すが、
現場を動かす
力になる。

建築のフローはすごく大まかにいうと、基礎、内装、外装と分けられます。その中で、外壁、内壁、塗装、サッシなどの細分化された工種があり、それぞれの施工ごとに管理を行っていくのが仕事の流れです。多くの職人の皆さんと、コミュニケーションをとり、協力しながらスケジュール通りに施工を進める。こういうと、簡単に思えますが、入社後は苦労の連続でした。もともと人見知りということもあって、最初に配属された横浜市のマンションの現場は特に苦労をしました。こちらは新人で知識がないからどう指示すればいいのかわからず、職人さんに迷惑をかけてしまいました。それに職人の皆さんはその道何十年のベテランもいるし、「頑固」そうだしと、勝手なイメージを抱いており、一歩引いてしまっていたと思います。
当然ですが、そのままじゃいけないと一念発起。新人で大きな案件に配属された責任感もありますし、会社からの期待に応えたい。そう思い職人さんとよく話をするようになりました。話してみると皆さん、ちゃんと耳を傾けてくれるし、優しい方ばかりでイメージが変わりました。わからないことは正直に先輩・上司、職人の皆さんに伺いながら、着実に理解し、そうやって得た知識を自信にしながら、コミュニケーションを積み重ねていくことで、現場を動かす「力」を少しは身につけることができたのかなって思います。施工管理は、専門的な知識も大事なひとつの要素ではありますが、何より聞く、話す、相手の気持ちを考えてコミュニケーションをとることが必要不可欠な仕事だと感じます。

進むべき道が、
自然と、
見えてくる。

最初に配属されたマンション現場で、足場が解体されていく時、嬉しさはもちろんありましたが「やりきった」という達成感の方が、大きかったです。新人から2年間携わったプロジェクトがやっと終わったと思ったし、ホッと安心した気持ちもあるし、あの時の感覚を言葉でなかなか表すのは難しいです。今、携わっているこの現場も、もうすぐ竣工を迎えます。色々な知識や経験を積んだ自分がどんな気持ちになるのだろうと楽しみにしています。
まだ早いかもしれませんが「住居」「施設」と携わってきたので、次は弊社の強みでもある「倉庫」の現場に携わってみたいと思っています。そういう様々な現場で、施工管理の経験を積みながらゆくゆくは所長を目指したい。その為には資格も必要になるので、一級施工管理技士の資格取得の勉強をしています。いずれは一級建築士の資格も取得したいです。若手の頃から自分の将来像をイメージができるのは、早いうちから色々な経験を積ませてもらえることにあると思います。上司や先輩もいい意味で壁がないし、私の意見もちゃんと尊重してくれる。もちろん厳しい時もありますが、一人前にしてやろうってみんなが思っているからだと思います。そんな面倒見の良さも、東亜の魅力だと思います。

1 DAY SCHEDULE の一例

7:30
現場事務所到着(準備)
8:00
朝礼(当日の作業内容周知・安全注意事項の指示等)
8:30
現場巡視(安全、写真撮影、品質管理)
11:00
工程打合せ(翌日・今後の内容)進捗確認
12:00
昼食
13:00
現場巡視、協力業者との調整等
17:00
事務所内作業(書類作成、翌日の準備等)
19:30
退社

私の自慢の写真

一番印象に残っている写真は、入社1年目から担当したマンションの現場です。入社して、最初に担当した現場なので、いろいろなことを教えてもらいました。
足掛け2年ほど携わり、最後、引き渡しの時なんともいいがたい達成感と安心感を抱いたことを今でも覚えています。

こだわりの仕事道具

iPhone・iPadです。ただ平面図があれば良いわけじゃなく、細かい制作物の図面もたくさんあるので、それを持ち歩く、焼き出すのは時間もかかるし、探すのも大変です。ICT化っていうのも進んでいる中で、すごく便利なものだと思います。多種多様な図面を瞬時に確認することができ、現場では重宝します。

Future to draw
私の描く未来

どんな建築も任せられる
プロフェッショナルに。

もっと東亜建設工業を知りたい方へ