東亜建設工業

RECRUITING SITE

open

さまざまな現場を知ることで、キャリアが拓ける。
全国各地、様々な現場で経験を積みながら、今後のキャリアを見据える。ここでは作業所長の森本さんのワーク&ライフにスポットを当て、仕事とプライベートの両立について、お伝えします。

MY WORK & LIFE

ものづくりの最前線で
人の役に立つ仕事をする。
学生の時に建設工学を学んでいたので、習得した技術や知識を活かせる仕事に就きたいと思っていました。当社のHPで施工事例や新技術の開発への取り組みなどを見て、海洋土木のエキスパートとしての高い技術力や、早くから海外に進出していることも魅力に感じました。選考や面接で色々な話しをお伺いするうちに、「ものづくりの最前線で人の役に立つ仕事がしたい」という想いが強くなり、入社を決意しました。加えて高知県出身なので、元々「海」が好きだったというのも決め手に。入社後は、希望通り「現場」の最前線でキャリアをスタートさせました。

九州支店でキャリアをスタート。
技術の奥深さを知る。
入社して最初に配属されたのは九州支店。建設工学を学んできたとはいえ、初めてのことだらけで、がむしゃらに仕事を覚えた3年間でした。印象に残っているのは、那覇港でのプロジェクト。簡単にいうと海底トンネルを作るプロジェクトだったのですが、「すごい技術があるんだな」と、技術力の高さにただただ感動しました。
横浜支店へ異動
仕事の厳しさと楽しさを知る。
4年目から、横浜支店に異動。3件の国交省主体の大きいプロジェクトに工事担当者として携わりました。いくつもの大きなプロジェクトを完成させたベテラン所長の元で、仕事の厳しさと楽しさを教わりました。今振り返ると、この時の経験が今の自分のベースになっているのだと思います。
千葉支店へ異動。
作業所長としての一歩を踏み出す。
7年目で、千葉支店へ異動。大小様々な工事に関わりながら経験を積み重ね、現在のプロジェクトでは作業所長を任されています。この宅地造成のプロジェクトを無事に完了させるために、日々、若手社員と職人の皆さんと汗をかいて、頑張っています!

入社して2年目で結婚!
初めての異動も家族で。
若いうちに家庭を持ちたいと思っていましたが、幸運なことに、赴任先の九州で出会った人と入社2年目のときに結婚。その後、九州から横浜へ異動となり、家族みんなで横浜へ引っ越しました。
2013年に2人目、
2017年に3人目が誕生!
子どもは4人くらい欲しいという漠然とした希望がありましたが、その後、2人目、3人目も無事に誕生。子どもがもう少し大きくなるまで、次の異動はなるべく近郊に…なんて希望を会社に出していますが(笑)、地方になっても、その土地その土地の生活を楽しみたいと思っています。
休日は家族サービスと
趣味のフットサル。
休日は家族と遊びに出かけるか、リフレッシュのために、運動をしています。会社の有志メンバーと集まってフットサルをすることもあります。

両立の秘訣

仕事が充実していれば、
家庭も充実する。
目の前の仕事に真剣に取り組んで達成感を味わう。それがプライベートの充実にも繋がる。逆もまたしかり。そのように仕事とプライベートは密接に繫がっているものです。私も全国の色々な現場で経験を積みながら、キャリアアップできたのも家族の支えがあったからだと感じていますし、会社の制度にも助けられていると思いますね。若いうちから色々な経験を積ませてもらえる分、家庭を持つ社員への制度やプライベートを充実させるための施策は年々充実してきているように感じます。

もっと東亜建設工業を知りたい方へ