東亜建設工業

RECRUITING SITE

MESSAGE
採用担当者からのメッセージ

新卒採用活動は、
東亜建設工業の未来をつくる次世代の若者と
出会う重要なプロジェクト。
採用チームメンバーも全力で臨んでいます。
ここでは、それぞれの
担当者の想いをお伝えします。

TEAM MEMBER
採用チームメンバー

人事部
大山淳一

成長してほしいという
願いを、いつも込めている。

私が大切にしている言葉のひとつに「恩送り」というものがあります。自分が誰かから受けた恩を、その人ではなく別の人に送るという意味です。これは、私が前の部署の上司にいただいた言葉なのですが、そのまま当社の社風を表していると思います。先輩や上司に良くしていただいたことは、自分の後輩や部下にも同じようにしてあげる。そうすることで、誰もが成長できる環境がつくられているのです。しかしながら、現場では厳しい言葉をかけられることも多々あります。ただそこには「成長してほしい」という願いが、いつも込められているのです。東亜建設工業は、そういった意味で本当の優しさを感じられる会社だと思います。

全員で追い続ける。一緒に
チャレンジしてほしい。

当社のいいところは、いい意味で家族的主義なところだと思っています。個人個人が高い能力を発揮する中で、「競争」をするのではなく、お互いがお互いの力を「引き出し」ながら、会社全体が成長しているというイメージです。全員で利益を出して、全員に還元していく。そういった考え方が根本にあるからこそ、長く働かれている方が多いのだと思います。ですが、時代とともに変わらなければならないことも、これから数多く出てくることでしょう。例えば、業界の課題でもある、働き方改革もそうですね。そういった課題を嘆くのではなく、その解決を楽しめるような方と働くことができれば嬉しいです。これからの当社を一緒に担っていただける方を、お待ちしています。

人事部
服部剛至

人事部
西郷有紀子

やりたいことは、
できることに変えていける。

当社は様々なものづくりを行っていますが、そのどれもがひとつの会社だけでつくり上げることはできません。様々な会社の方と関わって進めていくので、なんでも好奇心旺盛に楽しめる方にとっては、これ以上ない環境だと思います。また、自ら手を挙げることで仕事を任せてもらえますし、幅を広げようと思えばいくらでも広がっていきます。これらは当社の環境の一部ですが、就職活動では、その会社で何ができるのかを、十分に検討してほしいと思います。自分がこれまでやってきたこと、今後やりたいことを強制的に考えられる期間として前向きに捉え、十分に悩み抜いた上で進路を決めてください。そうすることで、仕事を思いっきり楽しめる環境に巡り会えるはずです。

正直に、真摯に。
お互いが納得できるように。

就職活動は、人生のターニングポイント。だからこそ、入社前後でのイメージが食い違わないようにしてほしいと思っています。企業を見る際は、その企業の改善すべき点なども質問しながら、本当に自分に合っているのかどうかを確認してみてください。もちろん、私たちは、東亜建設工業の良い部分だけを取り繕って伝えるようなことはしません。お互いに納得した状態で入社いただけることが一番望ましいですから。そして、絶対に後悔のないように悩み抜いてほしいと思います。当社は、人間として温かい人が多いと思いますので、説明会や面接では、ぜひ気軽に何でも聞いてくださいね。

人事部
木内渓史

もっと東亜建設工業を知りたい方へ